voice03

先輩の声

voice03

先輩の声

薬剤師 谷伊織 薬剤師 谷伊織
採用応募を検討されている方へのメッセージ

薬局は地域の⼈を⽀えることが重要な仕事になってくると思います。今後、⾼齢化社会により在宅や施設での医療を⽀えるのも薬局です。
在宅医療はまだまだ発展途上の部分も多くあります。地域の⽅々と多く接したい⽅や、在宅医療に向けて新しい仕事を⾒つけたいという⽅はぜひ応募してみてください。

お仕事について聞いてみました!

どうして富⼠薬局を選んだのですか?

富⼠薬局は社員全員で業務に取り組む姿勢が⾼いところがとても魅⼒に思いました。
薬剤師と事務の間でもとても連携が取れているところが多く⾒られました。また、勉強会では⼤学では習わないような内容も学べたり、いろいろな⼈との交流が多いなどたくさんの魅⼒があり、この会社なら⾃分が⼊っても安⼼できると思いこの会社を選びました。

仕事において心がけていることはなんですか?

「報告・連絡・相談」です。業務中にはいろいろな情報が⾶び交います。情報が共有できていないと思わぬアクシデントやインシデントにつながってしまうこともあります。重要な内容を得たときには薬局スタッフに連絡し、なるべく全員が知っている状態を作り、誰でも対応できるようにと思い、これらの3つのことを守っています。

仕事をしていて嬉しかったことはなんですか?

患者様のなかには何かしら悩みを抱えている⽅も少なくありません。そんなときは薬局が空いている時間に来ていただいたり、電話での対応をするなど、なるべく相談しやすい環境を整えてきました。お礼の⾔葉を頂いた時など、⾃分が少しでも患者様の役に⽴てたときがとても嬉しいです。

仕事をする上で⼤切にしているコトは何ですか?

「思いやりをたいせつに」


思いやり無くしてこの仕事は成り立たないと思います。思いやりの心を持った対応が患者さまとの信頼関係にも繋がるからです。
いつもと変わりないお薬のが処方されたとしても、体調面や生活環境の変化などは実際にお話を聞かないとわからないことがあります。そういった場面で信頼関係がなければ、何も聞き出せずに薬を渡すだけになってしまいます。
ただ薬を渡すだけであれば機械に任せればいいだけです。
相手の気持ちを汲み取り、隠れた悩み事、お話しづらい事を聞きだせることができるのは同じ人間である薬剤師だと思い、日頃から思いやりを大切にしています。

1日のタイムスケジュール

他にもいろいろ聞いちゃいました!

先輩や同僚からの印象は?

TOP